2014年01月26日

ドキドキ!プリキュア 第49話「あなたに届け!マイスイートハート!」

ドキドキ!プリキュア、とうとう最終回です。

前回闇の塊を飲み込んだベールでしたが、案の定逆に飲み込まれてしまいました。


ベール最後の勇姿

直後


あのままラスボスになっていたら歴代ラスボスの中でも最も小者になっていたでしょうね。

それで三分ぐらいで倒されて残り全て平和なエピローグと言うのもちょっと期待していたのですが、結局ベールの天下は一分も保ちませんでしたw


でも、乗っ取られたおかげで生存フラグが立ったかも知れません。
 



ベールを乗っ取った闇の塊は「プロトジコチュー」と名乗りました。

「プロト」と言うと「プロトタイプ」と言う事で旧式っぽく聞こえますが、多分「最初の、原始の」と言う意味の方だと思います。

「原始の、人類最初のジコチュー」とか、そう言う意味なのでしょうね。


次々にビルを投げ付けてきて、圧倒的な強さを見せ付けるプロトジコチュー。

まこぴーが飛んで来たビルを真っ二つにし、その間を縫ってプロトジコチューに攻撃を仕掛けますが全く効きません。

その間にレジーナは諦めたフリしてマナにアピールしてましたw


それはともかく、こんな状態でも全く絶望感が無いのは「それでも、この子なら何とかしてくれる」と思わせるマナのおかげでしょうね。

世界を我が手にと吼えるジコチューに対し

「ジコチューとは、誰かに迷惑を掛ける事。

誰もいない世界にしたら

あなたはジコチューでいられなくなる」


と論破。詭弁の様な気もしますが、確かに間違ってはいません。


さみしげなプロトジコチュー


でも、夕暮れの電車の中でぽつーんと一人っきりのプロトジコチューの姿はシュールw




これに怒ったプロトジコチューは、マナに直接ジャネジーを浴びせプシュケーを黒く染めて奪い取ってしまいます。


無敵のマナ


ところがどっこい、マナは自力でプシュケーを元に戻して復活しましたw

ジコチューに染まらず自分を貫くとか、プロトジコチューも認めていましたがマナこそ究極のジコチューw


パルテノンモード


そしてマナは皆の力と三種の神器の力を合わせて「パルテノンモード」に覚醒。

分身するわ、大気圏外まで蹴り飛ばすわとプロトジコチューを圧倒します。

更にはスペースかかと落としでプロトジコチューを蹴落とし「あなたに届け、マイスイートハート!」と、なんと一人でプロトジコチューを浄化してしまいました。

途中プロトジコチューが口を押さえて何事かと思いましたが、最後はお約束通り目をハートにして「ラブラブラ〜ブ」と言ってましたね、プロトジコチューw




プロトジコチューが浄化され、壊された町は全て元通りになりました。

トランプ王国も元通りになり、プシュケーも戻って国民も元に戻ります。

どうやってトランプ王国まで戻ったのかと思っていたら


キングジコチューが空けた時空の穴が

そのまま残ってましたw



そう、エピローグでもこの穴は残ったままなのですw



結局ベールは小さなネズミの姿になり、イーラ、マーモと一緒に眠りにつくために去って行きました。

ベール



純はマナに代わる新しい生徒会長に。

そしてなんとレジーナがマナの学校に転校してきます。

ベール最後の勇姿



そしてトランプ王国の王様は、王様を引退しました。

隠居二人

これは責任を取ったと言う形になるんでしょうか。

シャルルの存在はマナ両親にも知られて、堂々と家のお手伝いを頑張ってるのが微笑ましいですw


繋がってしまったトランプ王国はトランプ共和国となり岡田が初代大統領になっていました。

岡田

最後にお別れではなく繋がったままと言うのはシリーズ初じゃないでしょうか。

ありすは早速トランプ王国の商品を買い付けに行ってました。

まこぴーもトランプ王国から来た歌姫として世界中で大ブレイクです。


そしてマナ達は ――


プリキュア


―― なんと、その後もプリキュアを続けていました。


どこかのお偉いさんの依頼を受けて、落下しそうな人工衛星を食い止めるために出動です。

これからもマナ達は地球の平和を守り続けるでしょう ―― と言う事で『ドキドキ!プリキュア』完結です。




終わってみると、一年を通してマナの強さが際立っていましたね。

1話でタワーを全力疾走で駆け上がるなどパワフルな所を見せてくれたマナでしたが、彼女の強さはそれよりも精神的なタフさにあった気がします。


おしまい


どんな絶望的な状況でもへこたれない、あきらめない。

見ていてすごく安心感がありました。

そんなマナだからこそ、問答無用のハッピーエンドをもぎ取れたんだんでしょうね。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 13:26| Comment(1) | TrackBack(0) | ドキドキ!プリキュア
この記事へのコメント
あの夕日に浮かんだ王女様は一体どこから出てきたんだろう?3つに分けた以外の搾りかす?それともアイちゃんからちょっとだけ抜け出したんだろうか
今回のプリキュアは本当に主人公がタフで安心感があったな、その分成長性は他の子はともかくマナはあまり感じられなかった気もするけど
Posted by at 2017年04月30日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86049310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック