2018年12月09日

HUGっと!プリキュア 第43話「輝く星の恋心。ほまれのスタート。」

今回は、ほまれの一年の総まとめ回でした。

問題となるのは、やはりハリーへの片想い。





他の面々は、ハリー=ネズミのイメージみたいでピンとこないみたいですね。


こういう時に相談する相手が、まさかのパップル。

彼女、クライアス社辞めてからの方が輝いてますね。





クライアス社では色々あった彼女なので、その言葉には説得力があります。
 



色々な人の応援を受けて、ほまれは立ち上がります。

そして、えみるのイメージはやはりねずみのようですw









さあやは気を利かせて、女優とは思えない棒読みっぷりでハリーと2人きりにしてあげましたが、この時はほまれが逃げ出してしまって失敗。


ほまれが告白したのは、なんと大会当日の試合直前。







結果は……分かりきっていた事ですが、見事に玉砕。









しかし、それで吹っ切る事ができたほまれは、大会で素晴らしい演技を見せて見事優勝しました。


この後、ビシンが出てきましたが、吹っ切ったほまれには敵わず撃退。





なんというかハリーが離れていくから時を止めたいビシンと、ハリーにふられても彼の幸せを願い、自分も前に進もうとしているほまれ、対照的な2人でしたね。




対照的と言えば、こちらのシーンも。







手をつかんで引きとめようとするハリーとジョージ。

今回は、こういう対比しているシーンが多めだった気が。

ジョージが何を考えているのかは、まだよく分かりませんね。




そして次回は、さあやの話。

この子、なにげにミライクリスタルが消えた事が無い鋼メンタルなんですよね。





次回ミライクリスタルが消えなかったら、もう消える機会が無い気が。

このまま鋼メンタルをつらぬくのか、それとも……。

そういう意味でも、次回は要チェックですw



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185170288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック