2018年11月25日

HUGっと!プリキュア 第41話「えみるの夢、ソウルがシャウトするのです!」

ハリー、はぐたん、ルールーは、いつか未来に帰ってしまう。

それを知ったはな達、特にえみるは大きなショックを受けてしまいます。





おかしな状態になってしまうほどに。

これには流石のアンリもドン引きですw


というかこの問題、ほまれにとっても重要な問題のはずなのですが、今回は完全にえみるに食われてしまっていた気がw
 



しかもこれ、感染力が高いです。












このまま今回はギャグで終わるのかと思いきや





なんと、えみるが失語症に。

更にミライクリスタルまで消えてしまいます。


えみるとしてはルールーに未来に帰ってほしくないのですが、みんながそれを受け容れようとしているため、自分だけがわがままを言ってはいけない。そう思い込んで追い詰められた結果のようです。

良い子過ぎるんですね、えみる。




そのまま入院となったえみるの下に家族が駆け付けるのですが、ここで問題となるのがえみる祖父。

初登場時のえみる兄を更に攻撃的にしたような人で、えみるにギターを止めさせて、家に閉じ込めようとしてきてます。

これを止めてくれたのは、なんとえみる兄。彼は本当に変わりましたね。





でも、えみるパパママを見ると、せめて孫だけはまともにと考えるこの人の気持ちも分からなくもないんですよねw

方法が正しいとは思えませんが。




えみるを復活させたのは、えみる兄でした。

最初はえみるを押さえつけていた彼がこうなったと思うと、感慨深いですね。









というか、えみるはえみるで、変な方向に成長した……いえ、彼女の方は元々でしょうか。単に押さえ込まれて表に出ていなかっただけで。

そう考えると兄の方も、祖父に押さえ込まれていた可能性も?




そして家族が去っていくと感じたおじいさんは、ビシンによって猛オシマイダーに。





ミライクリスタルが無くピンチになりますが、ルールーの夢を聞いて2人のミライクリスタルも復活。





彼女の夢は、歌が無い未来に歌を届ける事でした。


復活した2人によって猛オシマイダーを撃退。





みんなが未来に帰る時は笑顔でお別れするからと、今はみんなで思い切り泣きました。

未来に帰る事が避けられないのならば、これはきっと必要な事だったのでしょう。




そしてアンリ、かなりヤバいようです。





冒頭でジャンプの仕方を変えようとしていたという話が出ていましたので、彼なりに自力でなんとかしようとがんばっていたようですが、どうしようもないところまできているみたいですね。

怪しいトゲパワワを放つクライアス社の名刺、次回は彼の話になりそうです。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185068220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック