2018年11月18日

HUGっと!プリキュア 第40話「ルールーのパパ!?アムール、それは…」

前回最後にドクター・トラウム。

その目的は未来で何が起きたのかを「3分で分かる未来劇場」で伝えるためでした。







はなまでやらなくていいのよ?w
 



途中から話し手はハリーに交代。

かつてクライアス社の部下として大暴れしていた事や、そこで未来のプリキュア・キュアトゥモローに出会った事を話してくれました。





その後、キュアトゥモローは仲間を失ってクライアス社に捕らえられ、ハリーは彼女を連れて逃げ出そうとしますが、追い詰められて、キュアトゥモローの最後の力で現代へ。







この時に力を失って赤ちゃんになってしまったのがはぐたんであり、その泣き声が1話のあのシーンだったみたいですね。


ドクター・トラウムがこの話をしてきたのも、成長したはぐたんが、このキュアトゥモローの持っていたマザーの力に目覚めたらしく、それを狙ってクライアス社が本格的に攻めてくると忠告するためでした。




そして未来の話が終わったところで、ルールーのターンが始まります。

ドクター・トラウムへの怒りをぶつけ、飛び出していってしまいました。





でも、昔のルールーだと、多分こういう事は言いませんよね。

これも彼女が成長した証と考えると、ドクター・トラウムへの怒りも「子供の立場から言っている」ように見えてきます。





なお、飛び出したルールーは、たこ焼きをやけ食いしていましたw


ここにはなとはぐたんが現れ、「アムール」「愛」という意味だと告げて話は好転するかと思いきや







ドクター・トラウムはオチをつけないと気が済まないのでしょうかw




この後、ルールーとドクター・トラウムの2人で話す事になるのですが、やはりルールーにはモデルがいた様子。





ドクター・トラウムは、ルールーと彼女の違いに耐え切れなかったみたいですね。





彼はルールーに「失敗」と言いましたが、それはルールーが悪いのではなく、ルールーの向こうに別人を見ていた彼自身が失敗したという意味だったと語りました。

この後、えみるがやってきて、2人でドクター・トラウムに歌を聞かせます。

これもルールーの成長の証でしょうね。


これでめでたしめでたし……というところで、猛オシマイダー登場。





なんと、ドクター・トラウムがルールーを助けるという活躍を見せてくれました。

そこから奮起したルールーの活躍もあって、猛オシマイダーを撃退。





今度こそめでたしめでたし……というところで、未来の話を知ったえみる達が、ルールー達はいずれ未来に帰ってしまう事に気付いたところで次回に続きます。












いや、ホント、次回どうなるんでしょうねw



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185000633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック