2018年10月28日

HUGっと!プリキュア 第38話「幸せチャージ!ハッピーハロウィン!」

今回はハロウィンです。

町で大きなイベントをし、両親も関わっているという事で、はなも張り切っている様子。







張り切り過ぎて、はぐたんを泣かせてましたw
 



ちなみに、ルールーとハリーはハロウィンを知りませんでした。

クライアス社が支配する未来には、残っていなかったようです。





こういう人がいると、テレビを見ている知らない子のために説明するのが楽なんですよねw

でも、日本のハロウィンは、本来のハロウィンとは微妙に違うと思うw


早速「何のコスプレをするか」で盛り上がる面々。

自分達はあっさりと決めて、はぐたんが着せ替え人形状態です。





というかハロウィンを知らなかったルールー、こういう事になるとノリノリですw





はぐたんがこうなるのも仕方がありませんw





ちなみにはぐたんは、ぷいきゅあになりたいそうです。かわいい。





なんというかこの子、最初に比べると喋る言葉増えてますし、歩けるようになってますし、いつの間にかすごく成長してますよね。




パップル達の会社もイベントに参加するようで、ダイガンは商品となるお菓子作りに悪戦苦闘中。

そこにリストルが現れて、アンリにしたようにスカウトを始めます。





とっさにこう切り返せるあたり、ダイガンもすごい。


それでも心は揺れて、名刺を受け取ってしまいます。

直後に現れるパップルとチャラリート。

パップル、隠した名刺に気付きました。

こういうところ、彼女もやっぱり有能ですね。





結局彼は誘惑に負けてしまいまいたが、あっさり猛オシマイダーと一緒に浄化されました。

よくよく考えると、ダイガンって味方に倒されていたので浄化されてなかった気が……。


なんというか今回の話、リスタートしようとしたけど上手くいかず……というのは有り得る話だなぁとも思いましたね。





こういう状況では、パップル社長の存在がすごく頼もしいw

ダイガンの作っていたお菓子も、子供たちに人気だったようです。




最後にハリーが色々と語っていました。





彼もクライアスの「時間を止める」という行為については複雑な思いがあるようで、色々と考えている事がある様子。

彼の過去は色々と推察する事ができますが、まだ全ては見えていない感じです。





オマケ。





ギネス認定されたそうです。

「マジカル戦士」というのが、どういう定義なのかが気になるところです。


タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184793383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック