2018年09月23日

HUGっと!プリキュア 第33話「要注意!クライアス社の採用活動!?」

今回は、アイドルデビューしたものの「アイドルの曲なのかロックなのか中途半端」だと批判する声を聞いて悩むえみるのお話でしたが





同時にアンリの話でもありました。
 



彼は男も女も超越した存在と言われていますが、それでも声変わりし、背も伸びてきている事を自覚していました。







でも、周りにいる人は変わらないままのアンリを期待しています。

「成長した子役」と考えると、現実にも割とある話なのかもしれません。


ただこの人、出番増えてきていい人っぽくなってきていますが、元々幼稚園に子供の声がうるさいとクレーム入れに行くような人なので、あまり真に受けない方が良い気もw

今回も一見アンリの理解者であるように見えましたが、彼の悩みを考えると、彼女もアンリの事をちゃんと見ていない気が。





というか今回取材に来ていたマスコミも、でっち上げをしようとするわ、アクシデントが欲しくて自分でショーを妨害するわ、かなり質が悪い人でした。

こうして見ると、アンリって周りに恵まれていないのかもしれませんね。





そう考えると、アンリがこうなるのも無理はない気がします。




そんなアンリの前に現れるリストル。





アンリには「時間を止めたい思いがある」とスカウトしに来ます。





えみるがそれを目撃し、相談に乗る事でお互いに悩みは解決。

というか、このポーズも久しぶりな気がw


ショーもマスコミの妨害を乗り越えて成功に終わりそうだったのですが





そこでリストルが、マスコミをオシマイダーにして戦闘開始です。

なお、リストルもこのマスコミは嫌いな様子w


この場合は、彼が「無能な働き者」だからというのもあるかもしれません。

彼もパップルの時に余計な口出しをして事態を悪化させた事を考えると、人の事を言えた立場では無い気もしますがw





人質に取られたアンリも助け、オシマイダーも撃破。

このままめでたしめでたしで終わると思いましたが……。





最後に、アンリは別の問題を抱えていた事が発覚。





「時間を止めたい思いがある」というのは成長に関する事だけではなかったようで、不穏な空気を残したまま次回に続きます。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184496734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック