2018年09月16日

HUGっと!プリキュア 第32話「これって魔法?ほまれは人魚のプリンセス!」

ほまれがフィギュアスケート大会を三連覇したところか始まる今回のお話。

なお、大会の内容はスルーでした。





でも、かなりの高評価だったみたいですね。

ほまれ、次は4回転ジャンプに挑戦するとか言っていました。
 



今回はほまれとハリーの話……と思いきや、何やら妙な事に。







2人が人魚姫の世界に入るのですが、原因やっぱりドクター・トラウム。

遊びで作った「深層心理を引き出してVR化する装置」をビシンに渡しました。





ビシンはこれを使ってハリーの心を知ろうとしますが、それにほまれが巻き込まれて人魚姫の世界に突入です。


という訳で人魚になったほまれが、王子になったハリーを助け、人魚姫の世界にいると気付いたほまれがハリーに会いに行くのですがここで問題が発生。





しかしハリーは王子になりきっていて、それ以外の事を何も覚えていませんでした。

ちなみに後ろの絵に描かれているのが、トラウムの用意した装置です。




解決方法が見つからないまま、ほまれはハリー王子に流され舞踏会に出る事になるのですが







なんとハリーの深層心理から、彼の本当の想い人が現れました。

ビシンはほまれを煽りますが、ビシンでもないんですよね想い人w

というか最初顔を見せずにドレス姿の人が出てきた時は、ビシンが現れたのかと思いましたw





というか明らかにこの子ですよね。




人魚姫のストーリー通りに泡になって消えてしまいそうなほまれですが、はな達の声によって立ち直りビシンの持っていた装置を破壊。

VR空間から抜け出すとオシマイダーには何もできないようで、そのまま撃破。





ほまれは色々と複雑なようですが、とりあえずはめでたしめでたしです。




ちなみに、外でもオシマイダーの影響ではな達も変身していましたが











特に意味はありませんでしたw

はなの腰にダメージがいったぐらい?w



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184434087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック