2018年06月24日

HUGっと!プリキュア 第21話「大暴走?えみるがなりたいプリキュア!」

前回、えルっとプリキュアになった2人。

先輩達にきっちり挨拶するあたり、流石はえみるです。





今回は、そんな彼女がハリキリ過ぎて暴走空回りするお話でした。
 



心配性が過ぎるのは相変わらずなのですが、助けるためにプリキュアに変身しようとするため止める方は大変です。

でも、変身しようと一度立ち止まるようになったので、周りの被害は少なくなったかも?





特売品に集まる客に巻き込まれそうになるなど失敗続きで落ち込むえみる。

この辺りは以前と変わらないのですが、プリキュアになれて張り切っていたところにこれはショックが大きかったらしく、えみるは落ち込んでしまいました。


思えばこれまでの小学生プリキュアは、何かしらの戦わなければならない理由を持っていました。

対するえみるは、性格は色々とエキセントリックですが普通の子です。

そんな彼女だからこその張り切りだったのかもしれませんね。





これはルールーもショックだったようで、彼女の方にははなとさあやが。





えみるの方には、ハリーとほまれがフォローに入りました。

おかげでえみるは立ち直り、2人も仲直りができてめでたしめでたしなのですが、ここでオシマイダーの発注が入りました。


今回は5人揃ってオシマイダーを倒しますが、その戦いの最中にえみるのギターが……。







しかしえみるはギターよりも、はな達の持つメロディソードが自分達にもあればと言い出します。

ルールーを守るために欲しいようなので、ギターよりルールーのようです。





そんなえみるのお願いに、はぐたんが答えます。

すると空から二つの影が……。













えっ? 何が起こったの?

いきなりの謎展開に混乱しながら次回に続きます。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183628363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック