2018年06月10日

HUGっと!プリキュア 第19話「ワクワク!憧れのランウェイデビュー!?」

前回のラストで登場していたアンリ。

今回はその流れで、えみるとルールーの2人にファッションショーへの出演をお願いしてきました。









そして相変わらず心配しすぎなえみる。

こういうところは変わっていませんね。
 










そしてルールーも負けていませんw


そんなえみる節から始まった話でしたが、今回は色々とブッ込んできていました。







まず、えみる兄VSアンリ。

えみるに「女の子は女の子らしく」と厳しく接していた彼ですが、男子も男子らしくと考えているようで制服を着くずしているアンリを度々注意していたようです。

アンリはそんな校則は無いからスルーしているようですが、校則にあったら着くずさないのかは気になるところです。


というか、えみる兄はアンリの着くずし方が女の子みたいだと言っていましたが、確かにおしゃれでしたが女の子?と言われるとちょっと首を傾げました。




ファッションショーは、はな達もお手伝いとして参加。

そしてえみるの参加を知った兄も止めに来ます。





「女の子は女の子らしく」なら止める必要は無いのではと思いましたが、どうやらコンセプトが気に入らなかった様子。





これにははなやアンリも反発。

特にアンリがドレス姿で現れたのが効いたようで、その場は切り抜けました。


この後えみる兄がオシマイダーにされてファッションショーの会場に雪崩れ込み、アンリが人質に取られます。







捕まって持ち上げられた事でえみる兄の姿が見えたアンリは、彼が苦しんでいる事に気付きます。











そこでアンリは、なんとオシマイダーをHUG。

動きを止めたオシマイダーは、そのまま浄化されました。


アンリは良い事言ったと思うんですけど、えみる兄の言動がガチだった場合「僕は僕の心を愛して、このままいくよ」になってカウンターを食らっていた可能性も.。







浄化後を見る限り大丈夫だったようですが。




それはともかく、アンリの言葉はえみるとルールーにも刺さったようで、2人は改めてプリキュアを目指す事を決意します。







しかしプリハートは残り1個、どうすればいいんだ〜というところで次回に続きます。











それはともかくエンドカード。





子供といっしょに見ているご両親の心をえぐるのは、止めてさしあげてくださいw



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183499083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック