2018年05月13日

HUGっと!プリキュア 第15話「迷コンビ…?えみるとルールーのとある一日」

今回は、はじめてのおつかいに行くルールーがえみると出会い……という話だったのですが







顔芸全開のスラップスティックコメディ回でしたw





なお、ルールーの判断は「ミライクリスタルの反応は無いけど、けっこうプリキュア」だそうですw
 



お買い物自体は、ルールーの持ち前の能力のおかげですぐに終了。





しかし、アスパワワが出ていてプリキュアの可能性がゼロではないえみるを調べるために、すぐには帰らず彼女の家に行く事に。





なお、お買い物で買ったタマゴの事は最後までスルーされますが、えみるがちゃんと冷蔵庫に入れて預かってくれていましたw


とまあ、色々とぶっとんだ回でしたが、同時にイベントもりだくさんの重要回でもありました。







実はギター好きだったえみるを通じて音楽を知ったルールーが心動かされたり







そんなえみるを愛崎家の令嬢には相応しくないという兄に、ルールーが反論。

「盲目的に命令に従う」という事に疑問を持ちました。


今回のおつかいも命令されて行ったのではなく、自分から申し出ていました。

ルールーはその事にも疑問を抱いていました。





そして、そんなえみるを押さえつけようとする兄に腹を立てるルールー。

彼女が怒りの感情を見せるのは初めての事です。







そしてオシマイダーが現れると駆け付け、えみるは逃げ遅れた子供を救出。

それを見たルールーは、自分も子供達を助けた事を思い出し、自身の行動に疑問を抱くようになります。







最後にルールーがプリキュアになる可能性を、彼女自身に示しました。

これだけの事を1話でやってしまったのですよ、しかもはな達ではなくえみるが。


更に、次のステップアップに向けて努力しているさあやとほまれ。

成長してはな以外の名前を呼ぶようになるはぐたんと、次につながる伏線もパッチリです。





これらが全部、ギャグの中にレッツラまぜまぜされてたんですけどねw





なんにせよ、ルールーとえみるは面白いコンビでしたのでもう一度見たいですね。





ただ、このシーンをパップルに目撃されたのが不安ではありますが……。


タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183219538
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック