2018年04月08日

HUGっと!プリキュア 第10話「ありえな〜い!ウエイトレスさんは大忙し!」

今回は、はぐくみフードコートで職業体験。

3人でウェイトレスをする事になりました。





しかし……。
 



ミライパッドで衣装チェンジしてみると、何故か2人とは違う衣装になるはな。











ハリーはこう言ってますが、つまりミライパッドには意思があるという事でしょうか?


とにかく、この衣装のせいで、はなは自動的に無口でガンコなたこ焼き屋さん担当になりました。


いざ仕事を始めてみると頭脳で活躍するさあや、身体能力で活躍するほまれと比べ、はなは何もできません。

たこ焼き屋も、他の店と比べて全然お客さんが来ません。


せめて他の店の料理を運ぶのを手伝おうとして転び、ほまれにフォローされます。





これに対し、はなママは「それも大切な経験」とすぐにフォローはしない様子。





はなは何もできない自分にスネてしまいました。





その結果、はなはプリキュアになれなくなってしまう事に。

「なんでもできる! なんでもなれる!」と信じていた彼女が、実際に仕事の現場に出て能力差を目の当たりにしてしまい、明日への希望・アスパワワが無くなった、もしくは足りなくなってしまったのでしょう。

何度かふれられてきた「応援しかできないはな」の問題が、最悪の形で出てきてしまいました。


さあやとほまれの2人だけではオシマイダーに勝てません。





ピンチにおちいったみんなを助けたのは、なんとはぐたん。

しかしオシマイダーを退職させるのに力を使ったはぐたんは、そのまま目を覚まさなくなってしまいました。


はながプリキュアになれなくなった問題、解決しないまま次回に続きます。


小さいお友達的に、いいんですかね? この続き方……。

次回予告が元気いっぱいだったのは、フォローだったのかもしれません。




という訳でなんとも重苦しい終わり方をした回でしたが、はなの問題はだんだん大きくなってきていたので時間の問題だったのでしょう。

前回でも、はなの能力は小学生のえみるにも負けてましたし。


実際、今のはなには何もかも足りていないのが現実です。









ハリーやここ数回やけに出番がある吹奏楽部員のひなせ君もアドバイスしてくれますが、今の彼女は受けいれられません。


というかひなせ君も、はなから見れば「音楽ができるすごい人」なので、素直に聞けないのかもしれません。

もしくは彼、音楽と絡めてアドバイスするから、はなには理解できないのかも?



でも、はなだって何もできない訳ではないのです。





たこ焼きを試食して、その美味しさに大さわぎしてしまったはな。

彼女的には笑われて失敗したと思ったようですが





その結果、売り上げが伸びていました。

これははなのおかげだと思います。

そして、さあやとほまれではできなかった事だと思います。


次回、はなが立ち直るためのカギは、この辺りにあるのかもしれませんね。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182926457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック