2018年03月25日

HUGっと!プリキュア 第08話「ほまれ脱退!?スケート王子が急接近!」

今回はほまれ回。

日本人とフランス人のダブルでロシア在住のアンリが迎えにきます。





アンリも言っていましたが、現在は「ハーフ」ではなく「ダブル」、もしくは「ミックス」というそうです。

「ハーフエルフ」もダメかも?
 



それはともかく、アンリの目的はフィギュアスケートをするのに良い環境が整ったモスクワにほまれを引っ越しさせる事でした。

日本にいるのは無駄な時間だというのがアンリの意見です。





そんな彼は、応援するはなを「無責任」とバッサリ。

いつかこの話は来ると思っていましたが、ここまで早いのは予想外でした。





早い内にこの問題をクリアさせた方が、同じ応援でも意味が変わってくるという意図があるのかもしれませんね。

あと、ほまれの方も「ジャンプできない問題をほったらかしのままでプリキュアやってていいの?」という問題がありますので、こちらも早めにクリアさせたのかもしれませんw


結局アンリも、ほまれがはな達と過ごすのは無駄な時間ではないと認めました。







というか、この後アンリもはな達の学校に転校してきました。

どうもキュアエトワールのジャンプを見て、正体に気付いたみたいです。




一方、パップルはタクシーが渋滞に巻き込まれ、この時間は無駄と言い、同じく巻き込まれていた人達からオシマイダーを発注していました。





……タクシー?


ランプが個性的過ぎますが、多分個人タクシーです。

ナンバープレート緑色ですし。


という訳で今回は、無駄な時間は有ると言うパップルと、無駄な時間なんて無いと言うほまれの戦いでしたが、渋滞で待たされる時間が無駄かどうかは議論が分かれるところだと思いますw



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182795810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック