2018年02月18日

HUGっと!プリキュア 第03話「ごきげん?ナナメ?おでかけはぐたん!」

今回も引き続き、色々な説明と人間関係の構築がありました。

まずハリー側ですが





はぐたん、夜泣きが激しいみたいです。

ハリーの方もがんばってるみたいですが、まだ慣れていないみたいですね。


元々はぐたんをお世話する立場ではなかったのか、あるいは……?
 



ミライパッドではぐたんを喜ばせるものを探す一行。





反応を追っているはずが最初は空振り、次に移動動物園に行って野乃一家に遭遇。





見知らぬ赤ん坊を連れていると、確かに何してるの? と思われます。

ハリーが若いお父さんだと勘違いされてました。





野乃ママは流石に慣れているのか、すぐにはぐたんはごきげんに。

ミライパッドが示していた反応は、野乃ママだったみたいですね。

彼女も移動していたから、それを追うはな達も空振りしていたようです。





この後ハリーはお父さんにも紹介されて、野乃一家は何か困った事があれば相談できるポジションに。

これではぐたんと一緒のところを家族に見られても安心です。




それ以外にも今回は、色々と新情報が出てきました。







ほまれ、可愛いものが好きなようです。





しかもかなり弱いようです。

移動動物園にいたのも、動物目当てで行っていたのでしょうね。

慣れている様子なので通っていた可能性もw




そしてクライアス社によって時間が止められてしまったハリー達の世界。





普通に車があるようです。

クライアス社もその世界にあるとすれば、これは当然の事かもしれません。


人間もいるみたいですが、こちらはみんなハリーみたいな妖精が変身している可能性もありますw

でも、それがハリー達の世界では当たり前の事だとしたら、クライアス社の幹部達もみんな正体はハムスターという可能性が……w




こちらも重要そうな情報です。





ルール―、バイトでした。

この子が後々4人目のプリキュアになるとしたら、実ははな達と同年代の可能性も?

法令では「学業などに支障のない、軽易な労働は13歳から。健康・安全・道徳が保護され、適切な職業訓練を受ける場合は16歳から。健康・安全・道徳を損なうおそれのある危険な労働は18歳から」となっていますが、クライアス社はどれになるのでしょうね。


個人的には20歳以上のOLプリキュアの誕生に期待していたので、ちょっと残念ですw



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | HUGっと!プリキュア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182447453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック