2016年12月18日

魔法つかいプリキュア! 第45話「想いは時を超えて…!友情のかたち!」

今回は闇の魔法の始まりについてと……まさかの展開でした。





というか、誰がなんと言おうとバッティさん回です。


ちなみにこのこたつは、はーちゃんが魔法で出したものです。

電気がどこから来ているかは分かりませんw
 


ひとつのこたつに集まる校長とバッティさん。

シュールな構図ですが、どちらもドクロクシー(クシィ)に関わりが深いので無関係という訳ではないんですよね。





というかクシィ関連だと普通に会話が成立します。





そして校長と水晶を通じて語られる二人の過去。

二人は学生時代からの親友で、共に魔法学校の教師になって大いなる災いに対抗する手段を探していたようです。

しかしクシィは、その手段として闇の魔法に目をつけてしまい……。




ところが、そこにオルーバが現れ衝撃の事実が発覚します。

闇の魔法の正体は、マザー・ラパーパによって封印される直前にオルーバがばらまいたものだったのです。

しかもその目的は、闇の世界を作る事で封印されたオルーバ達を復活させる事。





つまりクシーの行いはオルーバの計算通りであり、大いなる災いに対抗するつもりが、逆に災いを呼び寄せようとしていたという事になります。

これにはバッティさんもショックが大きかったようです。


もっともオルーバに言わせると、クシィの闇の魔法は人間の心が入っていたせいで不完全であり、そのためオルーバ達も全員復活できなかったとか。

これってつまり、クシィも内心は闇の魔法を使う事に迷いがあったという事なのでしょうね。




そんな重大な話を聞いても揺るがないスパルダとガメッツw





なんとスパルダ、ここでオルーバを裏切ってクシィの書を奪取。

自分のために闇の世界を作ると言っていましたが、そうするとオルーバの仲間が復活するという話は聞いてなかったのでしょうか?w


ガメッツも「己の拳を、力を信じて生きるのみ」と、それ以外の事は考えていないようです。

う〜ん、脳筋。





これにはオルーバも激怒でメガネを握りつぶします。




プリキュアそっちのけで戦い始める敵陣営。

二人がかりでもドンヨクバールには勝てずにスパルダ達はクモとカメに戻されてしまいます。





呆然とするバッティの前に現れたのは……ドクロクシーカカシとヤモー。





その姿を見て奮起するバッティ。

ドクロクシーカカシ、ヤモー、スパルダ、ガメッツでヨクバールを誕生させます。





そして始まるヨクバールVSドンヨクバール。

もうプリキュアそっちのけですw

なんとバッティ、そのままドンヨクバールを倒してしまいました。





この後、オルーバもみらい達が撃破。

ものすごくあっさりでしたw

一応、倒される直前に残された力で他の仲間を復活させたみたいですけど。





ドクロクシーカカシは戦いの終わりを見届けると光となって消えていき、バッティは仲間と共に去っていきました。

そして残されたクシィの書は校長の下へ。

書の始まりには、校長には反対されたがそれでいい、巻き込みたくないという思いがつづられていました。

そして……。
























とかしんみりしてたら、何なの次回w





タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔法つかいプリキュア!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178081153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック