2016年12月11日

魔法つかいプリキュア! 第44話「モフルン大奮闘!みんな子供になっちゃった!?」

今回は「みんなちっちゃくなってるモフー!」回です。







犯人はこの人。

この後、子供になってみらい達を魔法でのぞいていたり、かなり変態ちっくでした。


クシーの本を使っているようですが、クシーはどうしてこんな魔法研究していたのでしょう?

普通に若さを保つ魔法なら、校長先生が使っているものがあるのに。

ドクロになっていた事から考えるに、クシーには使えなかった?
 



子供になったみらい達は、うまく魔法が使えなくなります。







はーちゃんもです。

無限に巨大化するパンケーキなどというバイバインなものを出したり、一歩間違えるととんでもない事態になりそうなのを出したりしていました。

これ、この後はーちゃんがどこかに飛ばして校長先生のところにたどり着いていましたけど、彼はこれをどうしたんでしょうね?w





それどころか、みらい達は頭の中身もどんどん子供化していっている様子?

元々こうだったような気がしないでもないですけど、もしかしたらクシーがこの魔法を使わなかったのは、この辺りに理由があるのかも?





ここでみらいママが部屋に来ましたが、モフルン必死のガード!

なお、みらいのマネは全然似てませんでしたw




その一方で、スパルダはガメッツとバッティを捕まえて復活させていました。





というかガメッツ、カメのままでも強いw





ガメッツはエメラルドのプリキュアが増えたと聞いてやる気を出していましたが、バッティの方は完全に燃え尽きている様子で不参加。

この人、当初はドクロクシーの存在を疑っていましたけど、存在を確信してからは忠義を貫いてましたからねぇ。

個人的にプリキュアに仕返ししたいっぽいスパルダ、強いものと戦いたいガメッツとは、方向性が違うようです。




その後のガメッツ達とのバトルは、途中でオルーバが邪魔をして消化試合みたいになっていました。

普通のヨクバールなので、ガメッツが参戦できないと仕方ないですね。







変身バンクは今回専用のものでしたが、考えてみるとこの子達、毎回変身する度に成長していますw

という訳で、変身後はいつもの姿に戻っていました。





オルーバも何かに気付いた様子で、だんだんクライマックスに近付いています。




ちなみに無事に元に戻ったみらいを待っていた夕食は、モフルンが風邪をひいたと誤魔化したためおかゆでしたw





それでもリコとはーちゃんがおかずを分けてあげてめでたしめでたし。





何やら面白い事になりそうなバッティさんに期待しつつ次回に続きます。




ああ、ベニーギョさんは今回も出番がありませんでしたw



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔法つかいプリキュア!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178002397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック