2016年10月02日

魔法つかいプリキュア! 第35話「生徒会長総選挙!リコに清き一票を!」

という訳で、今回はリコが生徒会長に立候補します。







動機は不純ですけどねw
 



他に立候補したのは、同じクラスの並木ゆうと。





率先して縁の下の力持ちになるなどやる気があり、学校をどう良くしていきたいのかを既に考えています。

ぶっちゃけ勉強の成績はともかく、生徒会長としての能力ではリコも勝てないでしょう。

その姿を見て、リコも自身の問題と向き合う事になります。





とか言っていましたが、リコが立候補した理由って「皆に称賛されたい」ですよねw


結局リコは自分はやりたい事が見えていなかったと認め、全校生徒を前にした演説でゆうとに生徒会長になって欲しいと言いだします。





他に立候補はいないのかと思っていましたが、この流れで他に候補がいたら「あいつら裏で結託してやがった……!」となりますので、いなくて正解だったと思いますw




さて、その一方で前回ラストで登場した新しい敵ですが





今回は戦わず、プリキュアについて調べるだけでした。





でも、勘違いのせいとはいえモフルンが重要という答えにたどり着いているあたり、結構優秀です。

他の二人からは馬鹿にされていましたけど、正直二人よりも手強い相手だと思います。




それと戦闘パートで気になったのがこのシーン。









リコはこのゆうとの姿を見て、彼に生徒会長になってほしいと思いました。

戦闘パートのワンシーンですが、日常パートの問題を解決する一助になる重要なシーンですね。


リコパパ登場あたりから、日常パートと戦闘パートがリンクしてきた気が。

こういうリンクがあった方が戦闘パートの重要性が増して面白くなってくると思います。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔法つかいプリキュア!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177105864
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック