2016年06月19日

魔法つかいプリキュア! 第20話「ドタバタでヤバスギ!魔法界に生まれたエメラルド!」

今回のプリキュア。





なんだか、最終回直前ぐらいの盛り上がりでした。

まだ前半ですよね? これ。
 



前回の予告ではドクロクシーの下につながっているように見えた扉ですが、どうやらこれは望むところにつながる扉のようです。

グレープのあるところ、メロンパンが売っているところにつながった後、その事にリコが気付き、一行は三度扉を使って校長先生の下へ。





するとそこには、ドクロクシーの目の前で戦う校長先生とバッティさんの姿が。

みらい達、見なかった事にしてそそくさと扉を閉めてしまいましたw




とはいえ放置する訳にもいかないので再度突入。

ここで校長によりドクロクシーの正体が判明します。





ドクロクシーの正体は、元校長の同僚だったクシィという男のようです。

二人はいずれ訪れるという大きな災いに備えるためにリンクルストーン・エメラルドについて調べていたのですが、まったく見つからないため、クシィはその代わりになる力として危険な禁断の魔法に手を出し、命を落としてしまったとか。

その成れの果てがドクロクシーみたいですね。




というか、校長先生がこれまで魔法を使わなかったのは、大きな災いに備えて力を蓄えていたようで、とんでもなく強いです。







しかし、ドクロクシーの方も負けていません。

校長先生も奮闘しましたが、蓄えていた力を使った校長先生と水晶は一気に老けてしまいました。







ドクロクシーの方はまだ余裕があるようで、プリキュアも圧倒。

リンクルスマホンも奪い、リンクルストーン・エメラルドを生み出してしまいます。

どうもエメラルドはどこかに隠されているのではなく、マホウ界全体に力を分散させていたようです。




なお、バッティさんはエメラルドを見て飛びついたところで消し飛ばされてしまいました。





せっかく前回生き延びたのに、もしかしてこれで退場なのでしょうか?


そしてドクロクシーは生命の力を持つエメラルドの力を得てパワーアップ。





……生命の力?

生命って何だろうという疑問を生み出しつつ次回に続きます。



タグ:プリキュア
posted by 文月みと at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 魔法つかいプリキュア!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175751589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック